オンラインサロン

オンラインサロンの会費などは返金してもらえない!?88partner’sの場合は?

オンラインサロンは、その実態をきちんと把握しないまま入会してしまう人も多く、トラブルが多発しています。

トラブルの原因は運営側にある場合もありますが、会員がしっかりと規約を理解していなかったことが原因になってしまうというケースもないとは言い切れません。

そのため、オンラインサロンに加入するならきちんと実態を把握し、規約などを理解しておかなければいけないのです。

トラブルの中でも、退会時の返金に関する内容は比較的多く見られます。

そこで今回は、オンラインサロンで多いトラブルや注意点、88partner’sの実態について解説していきます。

オンラインサロンで多いトラブルとは?

はじめに、オンラインサロンで多いトラブルにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

・インターネット広告を見て入会してトラブルに巻き込まれた事例

オンラインサロンはネット広告を出しているところも多く、それを見て入会を決めるという人も少なくありません。

Aさんはネット広告でビジネススキルを学べるという謳い文句に惹かれ、入会を決めました。

半年ほど学んだのですが、そこで学べる内容というのは自分でネットを調べても出てくるようなありきたりなものだったのです。

それだけではなく、主催者が大手企業の元社員だったというのも嘘だったと判明します。

そのような状況になってしまったため、Aさんは返金を求めました。

しかし、返金されたのはわずか1ヶ月分だけでした。

オンラインサロンに自分からネット経由で申し込みをしている場合、特定取引商法に定められているクーリングオフは効かなくなってしまいます。

そのため、返金に関しては契約書に返金に関する内容が盛り込まれているかが重要になります。

契約書は細かい部部分まで読まないという人も多いので、それを理解していないというケースは非常に多いです。

もし返金特約について書かれていない場合などは返金が難しくなってしまうでしょう。

オンラインサロンは入会してから数ヶ月での解約ができないような仕組みにもなっているので、向いていないとか意味がないと感じても支払い続けなければいけないという状況になってしまうケースも見られます。

・友人から誘われて入会し、トラブルに発展した事例

オンラインサロンを友人から紹介されて入会するというケースもあります。

Bさんは、趣味のつながりで知り合った友人から海外への投資について学べるコミュニティを紹介され、毎月1万5,000円の会費を支払うコースに入会しました。

そのオンラインサロンは、友人や知人を紹介することで10万円を受け取れるというマルチ商法のようなシステムを導入しているところでした。

そこに参加している他の会員から、仮想通貨を使ったアービトラージや海外リゾートの会員となりその国で銀行の講座を開設する投資などを持ちかけられたのです。

将来のために少しでも収益を得たいと思ったBさんはその話に乗り、250万円ほど投資しました。

しかし、どの事業も最終的に儲かることがなく、大損する結果に終わってしまいました。

「必ず儲かる」と言われると惹かれてしまうものですが、全ての人が儲かるとは限りません。

それを念頭に置いたうえで、儲け話を聞くようにした方があなた自身のためになりますし、吟味してから決められるようになります。

オンラインサロンではこのようなトラブルが起こっています。

トラブルに巻き込まれないようにするには、どのような事例があるのか知っておくことも重要なので覚えておいてください。

コミュニティに参加する際の注意点

続いては、コミュニティに参加する際の注意点についてみていきましょう。

・コミュニティの主催者などに関する情報を確認する

きちんと運営されているコミュニティの場合は、主催者や運営者の名前・住所・電話番号などの連絡先を公表しています。

それをあらかじめ控えておくと何かあった時に対応しやすくなるでしょう。

他のサイトからコンテンツを流用したり、価格に見合わない内容のコンテンツを提供したりしているところは、主催者などに関する情報がはっきりと明示されていないこともあります。

それでは万が一の時に、問い合わせをすることができませんし、自分自身がどこと契約したのか分からないという事態になりかねません。

・契約は会って行う

コミュニティの中には、契約をSNSで済ませてしまうところもあります。

それはとても危ない行為なの絶対にやらないようにしましょう。

なぜかというと、SNSやLINEだけのつながりだと解約などを求めた時にブロックされ、連絡が取れないという状況になってしまう可能性があるからです。

SNSやLINEだと、本名ではなくハンドルネームで登録されている場合もあります。

住所や電話番号だけではなく本名も分からなければ交渉することの難易度が格段に上がってしまいます。

そうなることを防ぐためにも、きちんと会って話を聞き、契約するようにしましょう。

・入会してからのやり取りも残しておく

クローズドな環境でサービスや商品の販売が行われるため、会員以外のチェックが行き届かないケースが多く見られます。

そのため、強引なやり方や違法なやり方が横行していても、表に出にくくなってしまいます。

それによって、トラブルの発覚がかなり遅くなってしまう可能性もないとは言い切れないでしょう。

少しでも早くトラブルを解決へと導くためには、入会時だけではなく入会後のやり取りもきちんと残しておくと証拠になります。

返品や返金、解約を求めたい場合に証拠がないと交渉も難しくなってしまいます。

画面のスクリーンショットなどを残しておくと、国民生活センターなどに相談する時の証拠になるので必ず残しておくようにしましょう。

88partner’sは会員になっても問題ない?

オンラインサロンに関するトラブルは度々話題になります。

そのため、88partner’sへの入会を検討しているけれど最後の一歩が踏み出せないという人もいるはずです。

そこで最後に、88partner’sは入会しても問題がないのかみていくことにしましょう。

・88partner’sとは

88partner’sは、会費が無料のコミュニティです。

20代から70代まで幅広い年代が学んでいるので、同年代にはない価値観に触れることができるでしょう。

参加するための条件も決まっていないので、副業やネットビジネス、投資などに関する知識がほとんどないような初心者でも問題なく学ぶことができる場となっています。

88partner’sに入会すると、会員だけが利用できるサイトにログインできます。

そのサイトでは、案件に関する情報や投資に関する知識をチェックできるページなどがあるので、気になる案件を見つけやすいと考えられるでしょう。

サポートもかなり手厚いので会員からの満足度も高いです。

・88partner’sが抱えている案件

88partner’sが抱えている案件は、FXやバイナリー、不動産投資など豊富なバリエーションがあります。

違法性もないので安心して利用できるはずです。

再現性の高さにも定評があるため、投資初心者でも稼げるようになります、

案件によっては月収100万円以上を目指せるものもあるので、高い目標に向かって知識やスキルを身に付けていくこともできるでしょう。

つまり、自分自身の大きな成長につながるとコミュニティだと考えることができるのです。

 

オンラインサロンの中には悪質で返金や退会に応じてくれないところもあります。

しかし、88partner’sのように会員のことを考えた取り組みを行っているところもあるのです。

そのようなサロンを選べば安心して学ぶことができ、スキルアップも目指せるでしょう。